茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

防水工事

防水工事作業

筒井塗装ではウレタン塗膜防水(塗り防水)工事を行っています。
防水工事はベランダの床や屋根からの雨漏りや水の浸入を塗膜で抑え込む工事です。

最近のベランダなどはFRP防水やシート防水で仕上がっているため、基本的には割れや切れた部分が著しい場合の除いて、あまり雨漏りはしません。
しかし、いくらしっかり防水されていても、保護膜がなくなると、表面から傷んでしまいます。

『雨漏りをとめるため』『防水層を守るため』に定期的なメンテナンスを行いましょう。

防水工事とは

防水層のチェックが必要

ベランダ防水の場合、防水層を新たに施工したほうが良い場合と、防水層が活きている場合、保護膜を作るだけでも十分機能する場合と、2つの状況があります。
ベランダ面にひび割れが発生している場合、コンクリート防水だけの場合や、防水塗膜そのものにひび割れが発生している場合は、防水層の塗装が必要です。また、素地がひどい場合には剥がしたり、防水ポリマーセメントで絶縁したりします。

防水層が必要

ベランダ面にカビや汚れが付着したり、髪の毛の幅くらいの小さいひび割れが起きている場合、表層の保護膜が劣化しているだけの場合があり、下地の防水層は活きていることがあります。
この場合はトップコートだけで防水層を保護することができ、防水機能が十分保たれます。
また、FRP防水やシート防水など、汚れだけで基本的には物理切創がない限り水の侵入がないものも、トップコートできれいにすることで十分な場合があります。

トップコート可能

状況により補強布を間に挟んだり、サーフェスマットといわれるシートを防水層に絡めさせて、より強い防水塗膜にすることも可能です。
シート防水やFRP防水で仕上がっている部分でも、経年劣化で傷んでいる場合、全面的にやり直したほうが安全ですが、ご予算で作業的に難しい場合もあります。
その際は部分補修での対応も可能な場合がありますので、まずはお問い合わせ頂ければ打合せさせて頂きます。

シート防水着工前
シート防水施工後

同じベランダや屋上の防水でも、無歩行用・軽歩行用・重量物対応など種類があります。
また、遮熱タイプのトップコートなどもありますので、用途に合わせた防水材を選定します。

ベランダ防水着工前
ベランダ防水施工後

外壁塗装時、ベランダトップコート無料!

外壁塗装を同時にご発注頂いているお客様のベランダ床のトップコートは無料で作業させて頂いております。
防水層が必要な場合は、別途お見積りさせて頂いております。


陸屋根物件の防水工事施工例

着工前:シート防水が剥れて雨漏りしている物件です

着工前:シート防水が剥れて雨漏りしている物件です

シート除去:傷んでいるシート膜を撤去します

シート除去:傷んでいるシート膜を撤去します

ポリマーセメントを塗布して、一次止水を行い、素地を安定化します

ポリマーセメントを塗布して、一次止水を行い、素地を安定化します

セメント層に防水プライマーを下塗します

セメント層に防水プライマーを下塗します

立上り部や床面に、防水材を塗布しながら、補強布を張っていきます

立上り部や床面に、防水材を塗布しながら、補強布を張っていきます

補強布を張って乾いたところに、防水層を塗り増します

補強布を張って乾いたところに、防水層を塗り増します

サーフェスマットと防水層をもう一度重ね、防水膜を十分に厚くします

サーフェスマットと防水層をもう一度重ね、防水膜を十分に厚くします

防水層を保護するためのトップコートを塗装します

防水層を保護するためのトップコートを塗装します

フラットな仕上がりで、防水効果を発揮します

フラットな仕上がりで、防水効果を発揮します

メールなら24時間以内にご返答します