茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

連休最終日。ゴミの片付けいたします。

2007年5月6日

休日なので、片付けでもするかー。 そんな状態でしたので、連休最終日の今日、全身筋肉痛になっております。 じゅらくの塗装なんかもしておりました。少しでも塗る練習しないとですからね。 連休中日2日間、義妹の部屋の片付けをしておりました。 ・・・といっても、ほとんど改修工事に近い作業です。 お世辞にもきれいといえる状態ではない部屋と、部屋に無造作に置かれた本棚にしまいきれない、本の山を一掃すべく、活動限界まで作業しておりました。 まずは部屋から「すべても物を撤去」です。本だけでダンボール12箱、背丈ほどの引き出し2つ、勉強机2台、ゴミ袋は燃える燃えないあわせて20袋オーバー、畳状の井草と畳そのものの撤去、そして洋服箪笥1台、ちなみに総面積9畳です。 3畳の方だけじゅらくを塗替えたのですが、新しく開けた下塗り塗料がなぜがゲル化していて使えない状態だったので、急遽、大日本塗料のビルデックに変更しました。 じゅらくを落とさずに塗装した部分と、じゅらくを書き落とした部分の塗装、2点をやってみました。下地が土壁のじゅらくには密着するのか、良いデータが取れそうです。 で、乾燥時間中にカラーボックスでない本棚2台とベット、カーペットと、畳に薬剤を打つためを買出しに行き、組み立て。 1日半で、よく形になったなぁと、自画自賛しておりました。 多分昨日から「ダンボールに入れた本を整理しつつ、読み始めてしまって片付かない妹」フラグがたってると思います。(笑) 人間体は等価交換と申しましょうか、一所懸命に動くとその分疲れがたまる生き物らしいです。 本棚や箪笥を2階から上げ下げした体は、本日悲鳴を上げております。 足場掛けだってこんなに筋肉痛にはならないのにっ! 慣れていない動きというものは、体に来るものなのですね。 さて、ゴミに関してですが、筒井塗装では「捨てるに困ってる品物」を引き取ることが可能です。 燃える、燃えないに分別できない、分別方法がわからない、片付ける方法がないといった方がいらっしゃいましたらお声をかけてくださいね。 筒井塗装で有している有料回収の廃棄物と一緒に片付けさせていただきます。 搬出もできます。回収したのち、筒井塗装がいらないものを廃棄にまわします。 常識上運搬できる一般物でトラック平積み5000円です。何点捨てても、混ぜて捨てても結構です。 捨てるときって、ポンポン捨てたいじゃないですか? 机やベット、植木鉢、キッチン・お風呂・プラスチック・布団や鉄もの、なんでも結構ですし、そのままでいいですよ。 有料で人手もありますので、声をかけていただきたいと思います。 また、廃棄物が多い場合は当初取引先の産業廃棄物屋さんにご連絡して、廃棄することも可能ですので、ぜひ一度ご検討してくださいね。 庭のゴミからゴミ屋敷まで、片付ける作業代行します!