茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

看板企画参加クリエイター様へ

1991年1月1日

お世話になっております。(有)筒井塗装です。 この度は看板への企画へご検討していただきありがとうございます。 状況を説明いたしますとともに、ご都合つく方で、バカ企画に賛同して頂けるととてもうれしく思います。 それではご確認のほどよろしくお願いいたします。 場所は茨城県土浦市という、霞ヶ浦に面した街です。 北の水戸、南の土浦が茨城の代表地域です。 人口13万人の特に目新しいものや発展したものはない街です。 上野から常磐線普通列車で74分、つくばまで車で10分、 そのつくばターミナルから秋葉原までは45分という、 交通の便が決して悪くないのに、超がつくド田舎扱いされる地域です。 20年ほど前のつくば科学万博の最近駅として栄えました。 今では、毎年10月の第一土曜に開かれる、 「来年の花火の型を決める」花火師の大会、 土浦花火競技会で一日だけ60万人強の人が集まる地域です。 (個人的にですが、自衛隊武器学校(予科練)や飛行船のツェッペリン号との由来もあり、空翔るレッドバロンのアクロバットフィールドがたまーにやってたり、阿見飛行場の一般開放時のドッグファイトなどをみると心躍ります) ツェッペリンの由来にちなんで、カレーを流行らせようとしている変な街です。 土浦は、れんこんがすごく取れます。道端に転がるほどです。 夜のお店や風俗も廃れたと言われますが、いまだ規模を考えるとすごいかもしれません。 ・・・土浦を紹介するには難しいですね。 さて、土浦は、駅から歩いて5分もかからないところにモール505という昔のショッピングセンターがあります。 核テナントといって、それこそ西友やヨーカドー、地元百貨店であった小網屋という人が集まるところに作ったつもりのモールでしたが、駅から歩く行為が敬遠されたのか、近年の撤退や再開発で、今モールはお店はありますが、寂れてしまった事を隠せない状況です。 ショッピングセンターと申しましてもそんな理由から、最近は事務系が軒を連ね、閑散としていることは言うまでもありません。 その横には高架道路があります。 土浦駅東口と、筑波学園都市を結ぶ、土浦学園線という道路へ土浦空中を突っ切る道路です。 この建物、つくば万博時には、土浦市内の混雑緩和のために作られた高架道路と平行していまして、3階建てなのですが屋上に、ピカソみたいな(抽象的というのでしょうか?)看板イラストがあります。 まぁ、車で通過する程度なので、しっかり見ると言うものよりは、アーティスティックな目的で作られたと考えるもののようです。 土浦市内に対しては、屋外広告物として「商業地域」という属性になり、申請なしの看板、もしくは申請して許可になる看板は揚げて大丈夫な地域であります。 さて、本題です。 このたび、私個人として、この看板を期限付きながら借り上げることになりました。 ・・・すべて。全部で30枚近く。 きっかけは当方で落書き消しを請け負ってる関係でつながりがあったためなのですが。 屋上看板 うちの会社の看板1枚だけ揚げれば満足するつもりでしたがそこは、 お金はないけど男前な心意気と申しましょうか、 やはり地元愛と、存在のベクトルを替えたいお年頃な当方。 「この美的センスはおれにはわからない。萌えさせたいとは言わないけど、何かもっとあるだろう・・・」 と 「せっかくなんだから何か面白いことがやりたい・・・みんなでなんかやったらきっと面白い。 絶対自分みたいに、この看板を眺めながら車走らせてる人もいるはず。」 とひらめきました。 ひらめいた、というより、思いついたら契約が成立していた、というほうが正しいかもしれません。 正直、 契約は5年ですが、維持するためにはお金が足りない。 看板の価値自体は今現在ゼロに等しい。 看板作るにもお金が必要。 そんな状態です。なのに。 スポンサーを探すことにしましたが、営業もいまいちな私がこの状況下で スポンサーを軽く見つけられる状況ではありません。 クリスマスイブであるこれを書いている本日、 観光協会に出した後援依頼も期限を4日も過ぎて返事もありません。 残すは唯一乗ってくれた、 作業用の足場を組む足場屋さんと、イラストを看板にする看板屋さん。 そして、私。 あとは絵を描いてくれる人だと。 ただ、絵を書きたい人ならだれでもよいのでしょうが、私は違うんですよ。 この全力でバカをやろうと言う面白さを判ってくれる人に、ぜひ描いていただきたい。 クリエイティブで、価値のないところへ価値を見出すことのできる人に描いて頂きたい。 引き寄せるパワーを持っている人に力を借りたい。 私の中でのイコール、それがFLASHクリエイターであり、イラストクリエイターでした。 そんな中、狂犬病の予防注射にいったのが、近くにできたつくばみのぷう動物病院。 犬を連れてきた私にその院長は 「アホな企画やー」 と大笑いされましたが、快く乗って頂きました。 「きっと乗ってくれる人いる」と、ご助言賜る次第でこうしております。 看板特性上、有償でのご依頼とならないのが大変心苦しいのですが、 当方のバカ企画をご都合お時間の許されるクリエイターの方にお願いしたい次第であります。 看板2このように、看板が道路脇に並んでいます。 どれくらい施工できるのか、やってみないとわからないこともたくさんあります。 でも、きっと面白い、そう私は思うんです。 看板3 土浦方面からつくばに行くときと、 つくばから、土浦へいくとき、看板の見え方は多少違います。 当然、見やすい見えにくいあるかもしれません。 でも、みんなでやったらどうだろう? きっと壮観だとおもう。きっと面白いと思う。 少なくても私はそう思います。 看板図全景の半分。 見る人は限られるかもしれない。 でも、高架道を通る人は、必ず通る場所です。 看板としての宣伝効果は低いかもしれない。 でも、「あそこにある」唯一無二のものです。 どうか、無礼を承知でお力添えお願いいたします。 お時間ご都合つく場合でかまいません。無理なら無理で結構です。 もし許して頂けるようであれば、ぜひ参加ご協力をお願いしたい次第であります。 何卒ご検討のうえ、参加表明していただけると幸いです。 長くなりましたが、よろしくお願いいたします。 1月5日決定事項。 土浦市駅前北口再開発がスタートすることがわかりました。 現在の駅ビルが7月13日にて営業終了→大規模駅ビル建設予定だそうです。 JRのビルには土浦市の図書館なども入るそうです。 その運搬ルートになりえる道路と言うことになります。やったね! 参加者メンバーのご連絡(順不同敬称略1月5日現在) 企業作品参加クリエータ様:森野あるじ、たけはらみのる 確定参加クリエータ様:nae、41、森井ケンシロウ、ソーシ、未乃タイキ、たまご、HiPaiN、 山羊五条、フジツカ、みーや、D.Forest、碇、 実は契約始まってしまったので、描き終わった方から掲げたいくらいですが、予算の都合もあるので。 とりあえず、 第一〆切日 平成20年1月31日   第2〆切 平成20年2月27日 とさせていただきます。よろしくお願いいたします。  2月8日現在の状況 土浦の市役所にて企業看板については申請を出す方向で調整がつきました。 (写真は某動物病院の看板申請です) それ以外、現時点でみなさんに お願いしているイラストについては、 申請は不要、という了解を得ましたので、 はれてどんなデザインでも良いという(笑) 企業様が入る際は、申請対象となるデザインはあくまで文字だけですので、 看板が売れた場合、後で改めてイラストと文字の申請を取る・・・という工程上のわずらわしさの発生がなくなったので、無駄な労力がなくなったと言えます。 デザインや管理についてはメディクリエ様を通し、皆さん進めていらっしゃるとおもいますので、メディクリエ様の指示に従っていただけると幸いです。 「イラストを自由にしたら、漠然としていて何を書いていいかわからない」というご意見をいただきました。 クリエーターさま同士のイラストが一直線上に並ぶ・・・こんなイカした風景が他にあるでしょうか? 「自分が楽しい」イラストをお送りしました規定の範囲内でやって頂ければ、私として本望です。 まちづくりがなんだかんだという面倒な話は置いといて、「やったらできちゃった、楽しい僕の街」を推進していこうと思います。 企画は皆さんの力で!・・・施工的には私の自費で(笑) では、作品つくりよろしくお願いいたします。