茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[ウッドデッキ塗装]ウッドデッキの塗装はガードラックアクアがおススメ![その他塗り替え]

2015年8月18日

こんにちは、土浦の筒井塗装です。 日々、屋根塗装や外壁の塗装を承っております、茨城県は土浦にあります筒井塗装ですが、今回はまたまたウッドデッキの塗装です。 ウッドデッキ 塗装前ウッドデッキ 塗装前 ウッドデッキはかびてくると黒ずみます。 ウッドデッキの防カビ性能などでは、 キシラデコールなども有名なのですが、 筒井塗装では、和信化学工業さんのガードラックシリーズ をおススメしております。 特におススメなのが、ガードラックアクア こちらを使わせて頂いております。 ウッドデッキ 塗装後 こんな感じできれいになりますよー! 新品みたいですよね! ちょっと解説がありますので、ご興味あるかたは続きをお読みください! さて、こちらのガードラックアクア、水系木材保護塗料としては、 かなり数が少ない「半造膜タイプ」の塗料です。 ちなみに、造膜とは、塗料膜のこと。 ペンキで塗りつぶす事は、「造膜」といい、 ステインなど染みこませる塗装は「浸透」といいます。 で、こちらのガードラックアクア、 半造膜なので、 「下地が透けるように見える、着色剤が残る塗料」 というわけで、メリットとして色が汚く見える古びた木材を、カラーを復元しつつ木肌感をつぶさない塗り方が出来る塗料です。 またこちらの塗料は防虫・防腐・防カビ性能がありますので、 ウッドデッキなど外部の木には必要にして十分な機能があります。 特に使っていただきたい場所としては、 屋内外木部全般の保護着色として、 壁面・腰板・巾木・天井・窓枠・柱・梁・羽目板・破風・下見板・軒天井・板塀・門扉・公園遊具・木橋・デッキ・ログハウス・ベンチ・パーゴラ などなど、 まぁ思いつく範囲での木部使用箇所には、全部これで作業することが出来ます。 また写真でも見ていただいたように、下地の隠蔽力が高いので、 ちょっと古くなってしまったウッドデッキを、塗装するだけでカラーリングの復元屋変更が出来る点が優秀です。 よく、ウッドデッキの塗装でご質問いただくのは、 「防腐剤を何回か塗っていたら、色が段々黒くなってかっこ悪くなってきた」 このご質問が多いです。 外部においた木は、カビでくすんだり、灰汁で黒ずんだり、色にムラがあります。 そこに何度も着色防腐剤を塗ってしまうと、黒ずみは透けるのに、灰汁がない部分には色がついてしまい、 黒ずんだ着色になってしまうのです。 このガードラックは半造膜タイプなので、選んだ色がそのまま木の質感になりますので、 一番手くらいの明るい色に戻す事が可能なのです。 塗料が乾燥した後は撥水力もありますし、とてもきれいなウッドデッキになります。 耐候性もよく、2年~3年で塗り替えが必要なウッドデッキですが、その間しっかり色合いを守ってくれます。 外壁や屋根の塗装なども大切ですが、ぱっと目に付くウッドデッキなどがきれいですと、 外壁や屋根の汚れが目立ちにくかったり、エントランスの印象が良くなったり、 お庭などが明るくきれいになったりします。 ちょっとサボりがちな、ウッドデッキのメンテナンスを筒井塗装にご相談くださいね。 部分補修なども受け付けております。 作業工賃は、 部分補修半日で10000円~@作業人工  一日作業 20000円@作業人工 程度。 材料費としては、3.5L 9000円程度 14L 29800円程度 いざ自分でやろうとすると、塗料より塗装道具など副資材の方が高い、塗装作業。 面倒なところは筒井塗装でお受けできますので、塗ってみたいというお客様もお待ちしております。 たかがウッドデッキ塗装、されどウッドデッキ塗装! ぜひ茨城県でのウッドデッキ塗装は、土浦の筒井塗装へお声掛けくださいね。 皆様のお声掛け、お待ちしております!