茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[外壁塗装]吹付タイル面のパターンテクスチャ補修やってます[外壁デザイン]

2012年5月29日

こんにちわ、土浦の筒井塗装です。 茨城県内での、外壁塗装のご用命は筒井塗装にお願いいたしますね。 さて、今日は外壁の補修についての写真です。 吹付けタイル塗装吹付けタイル塗装 めっきり、ラス下地やコンクリート 外壁が減ってしまいましたが、 補修の必要な外壁は まだまだいっぱいあります。 筒井塗装は外壁などの塗装面をきれいにすることはもちろんのこと、 傷んだ外壁がいかに元通りになり、長持ちするかを常に考えております。 部分補修といっても、やっつけ仕事ではなくしっかりとした 下地調整が必要と考えます。 外壁打診検査打診検査後の外壁 まずは外壁の 補修必要箇所を見つけます。 打診検査などで 大まかな位置を確定します。 その後はひたすら外壁を削る作業です。 外壁面剥離作業削ります! はつりハンマーなどで 脆弱な部分を破壊撤去、 スクレーパーや皮スキ などで撤去します。 ここの凹凸は平らに塗装するのに 非常に厄介な部分になりますので、 可能な限り撤去します。 剥離作業後剥離作業後の外壁 部分的に剥離できる箇所は 全面剥離し、 取れないところはそのままに、 補修箇所を決めます。 写真は玄関面の剥離状況です。 取ろうとすると全部は取れない ことが多いです。 素地調整シーラー塗布素地調整剤の塗装 補修用の シーラーを塗装します。 モルタル補修の場合、 水分などを先に含ませて 左官作業をしますが、 粉上の壁になっている こともあるので、 エポキシ系の表面処理剤を 塗布します。 モルタル撫付けモルタル左官作業 小手にて樹脂モルタルを 撫で付けます。 補修モルタルの場合は、 樹脂モルタルや 中空ビーズのモルタルなど 基層の軽いモルタルでの 補修を致します。 モルタル刷毛引き刷毛引き作業 表面が軽く乾いたら、 刷毛引きをして平らに撫でます。 小手などで平らにするのと違って、 刷毛目を通し、 吹付け補修面の補修跡が ぼかせるようにします。 モルタル補修完成モルタル作業状況 乾いたら基層吹きつけです。 いきなりテクスチャを 作るのではなく、 一度全面を平らに吹付け塗装します 吹付タイル基層面補修吹付けタイル基層吹き エマルション樹脂を 平らに吹付けて、 モルタル補修面と 基層面をたいらにしていきます。 その後、玉吹きという模様付け(テクスチャパターン)を作っていきます。 吹付けタイル塗装吹付けタイル玉吹き 吹付けの玉を吹き出して、 外壁のデザインを作ります。 水の量、ガンの口の大きさによって、 パターンが違うので、 均一な模様にするには 熟練技術が必要です。 こちらの外装仕上げで上塗りまでに4工程、仕上げまで6工程になります。 現在こちらの現場は鋭意作業中です。 6月上旬の仕上がり予定です。 筒井塗装は塗装面の美観と保護を最優先に、 きれいな現場を心がけております。 どうぞお気軽にご相談ください。 現場の難しさによっても金額が違うことがありますので、 まずはご相談とお見積もり、ご予算の確定からご相談に応じますので、 筒井塗装をご利用頂ければと思います。