茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

ピット内防塵塗装

2007年2月19日

コンクリートモルタル部への防塵塗装を行いましたピット内防塵塗装前ピット内防塵塗装後 写真は防塵塗料の塗装前と塗装後ですが、前工程に清掃、後の下塗りがあります。 それがこちら ピット内防塵塗装下塗り後 エポキシのシーラーで、吸い込みを止めることによって、埃の出やすい脆弱な床表面を固めます。 その後、床の強度を出す上塗り材でコーティングしていきます。 乾燥、というより吸い込みが激しいので、塗料の仕様書にはありませんが、下塗りを1工程増やして吸い込みを止めてあげると、仕上がりがよくなります。 吸込みを抑えるため、下塗りではなく、上塗り材をシンナーで多めに希釈して塗る、「捨て塗り」という方法もあるのですが、今回は下塗り材の塗装を1回増やしました。 これだけで仕上がりの艶がまったく違います。こういう塗装って面白いですよ。 ちなみに塗料は、 下塗り・・・大日本塗料マイティーエポシーラー(エポキシ2液型混合タイプ) 上塗り・・・大日本塗料レジフロアー(エポキシ2液混合タイプ) カーポートなどはアクリルや、日のあたる場所はウレタンがよいですが、水や油に強く、磨耗性に強いものとなると、エポキシになりますね。価格が高いのが難点ですけどね。 防塵塗装は掃除と正しい塗料混合、そして下塗りの吸い込み止めが仕上がりを左右します。 塗ること自体は簡単なので、とってもおすすめな工事ですよー! 基本的には塗料の種類がどうであれ、素地を作ることを集中することになります。 駐車場やカーポートの床などいかがでしょう?お掃除も楽になります。