茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[屋根塗装]セメント瓦を塗装させて頂きました[セメント瓦塗装]

2010年7月30日

こんにちわ、茨城の筒井塗装です。 瓦屋根の写真がようやくそろったので、今日はセメント瓦などの屋根塗装をご紹介です。 セメント瓦 塗装前セメント瓦塗装前 セメント瓦の塗装前の状態。 こういった瓦屋根、実に多いと思います。 コケや藻をそのままにしておくと、そのまま 屋根が醸されてしまい、コケを取ったがために 雨漏りする!なんてことになります。 そうなる前に洗浄処理、瓦の塗装をいたしましょう! セメント瓦 塗装後セメント瓦塗装後 どうですか!きれいでしょう? こういった感じで塗装すると、瓦が蘇ります! きれいで長持ち、セメント瓦の保護になりますし、 防カビ材も入っているので、数年はカビの発生はありません! 屋根塗装はお奨めしたい工事のひとつです!では工事の状態を見てみましょう! セメント瓦 塗装前セメント瓦塗装前 最初に見た既存屋根の状態です。 カビ・藻の発生、コケなどが発生しています。 ミドリゴケや黒かびなど、 さまざまなノロがあります。 これをまず除去します。 セメント瓦 塗装前セメント瓦洗浄中 高圧洗浄で除去します。 セメント瓦に張り付いている 余計なものを、水圧で落とします。 洗浄圧は15KPa(150kg/cm2)で、 トルネードヘッドで根こそぎとります。 ついでに傷んだ旧塗膜も除去します。 セメント瓦 洗浄後セメント瓦洗浄後 洗浄後乾燥させます。 その後、吸い込み止めの シーラー(下塗材)を塗布します。 刷毛ローラーで塗ることが多く、 吹付けをめったにしませんが、 最近は拡散器にシーラーを入れて撒き、 ローラーで仕上げるほうが、より塗料がしっかり 使えて、吸い込みがとまりやすくなってます。 セメント瓦 下塗塗装後セメント瓦下塗乾燥中 下塗後は乾燥しても濡れ肌のつやがあります。 この状態で下塗は終了、乾燥させて、 中塗り、上塗りと行っていきます。 きれいに仕上がればよいのですが、 セメント瓦 塗装中セメント瓦塗装作業中 なにも2回に限定することなく、数回塗り重ねて、 色の透けや仕上がり不良を避けるよう、しっかり 塗装します。 セメント瓦 塗装後セメント瓦塗装後 屋根塗装後、しっかり乾燥させると仕上がりです。 最初と比べると、かなりきれいになっています! 自分の家の屋根、汚くなってませんか? 筒井塗装でその屋根、きれいにして差し上げます! 茨城県内ならどこでも参りますので、ぜひおうちの塗り替えありましたら、 土浦の筒井塗装へお願いいたしますね! 筒井塗装は茨城で塗り替えのお家を募集しております!