茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[屋根塗装]屋根の上を滑ってみた[屋根結露が氷って危険]

2010年1月15日

こんにちは、筒井塗装です。 筒井塗装の塗装現場は「塗装をもっと面白く」という一つのテーマがあります。 仕事をもっとポジティブに捕らえようというものなのですが、真面目に作業して楽しく過ごしたくても、常に危険がいっぱいです。またこの時期工事現場には大きな問題があります。 屋根塗装における朝。朝の屋根は霜降りてます。 塗装工事と言うものは、5℃以下なら 塗料の硬化不良を起こすので、 行わないのはさることながら、 朝は霜や結露の影響が出ていて、 塗装できないことが多いのです。 「屋根塗装は冬場、仕事にならないんですよー」と言う話を、どうも普通の現場監督や一般人、お客様にはわかってもらえないことが多いので、いっそのことやってみました! 「凍った屋根の上を歩いたらどうなるか!?」 朝の屋根は凍って危険。屋根は凍っていて危険です。 屋根が白く見える部分は、結露が 凍って霜のようになっている部分です。 この上を、生まれたての子馬のような 足取りで歩きます。 というか、もはや四つんばいでしか歩けない状態です。 そのまま滑ろうものなら下まで落下します。 屋根塗装はこれくらいの勾配でも、足場いるんです。必要なんです。 さて、当然、 朝の屋根はすぐ塗れない。これだけ凍っていれば塗装は出来ません。 朝の屋根はすぐ塗装できないんですね。 これは朝8時半くらいです。 霜が溶け、乾くまでには、 約10時くらいまでかかります。 要するに、朝早く出てきても、塗装工事が全く進みません。 なので、筒井塗装は朝は他のペンキ屋さんよりゆっくりしているのです。 さて、四つんばいでも歩くこともままならないのに、 これを塗装するのは無理な話。下まで落ちるわけいきません。 落ちたら死んじゃう高さな場合もありますしね。 しかし、今回はこの天然滑り台を上ろうという企画、 てか実験と申しますか、安全確認と申しますか。 わざわざ不安全行動をとっていて、安全なわけがない! このあと、ものの見事にすべりはじめ、身の危険を感じます。 朝の屋根はよくすべる。朝の屋根はよくすべる。 ご覧の通り、滑っていきます。 止まりません。 一度滑り始めると、 もう止められない止まらない。 このあと、下の足場のあるところまで、滑っていきました。冗談のつもりが、本気で身の危険を感じるほどの位置まで滑っていきました。 足場があってよかったね!! このように、朝すぐには塗装できない現場だったり、時に冬は夕方も、 結露や霜にやられる場合があり、作業になりませんので気をつけなければいけません。 いくら良い塗料を使っても、施工が適当じゃだめってコトです。 また、安全管理もしっかり出来る工事店に、施工をお願いすることも、 気持ちよく工事をお願いできるコツなのではないでしょうか? 茨城の筒井塗装は、現場を真面目に楽しく作業しております。