茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[刷毛持て]用途に合わせた塗料選択[新しい塗料のあり方]

2009年4月12日

新しい塗料のあり方 ~日本ペイント発行・ペイントかわら版No.17より抜粋~ 茨城の筒井塗装です。 安けりゃいいというものでも、高いから良いとされるわけでもない、塗料の種類。 多種多様すぎて、全く持って選択する理由がわからない場合も増えてきました。 塗装店や塗料店が自信を持ってオススメする塗料が、 他社と違うのは当たり前なんですが、最近ではホームセンターでも、 業務用塗料が買えるようになり、場合によっては塗料店より安いなんてことも起きています。 ここ最近は環境問題にも注目が集まるようになり、 塗料の立ち位置があやふやになってきているので、 一般の方々にもわかりやすい、こういった整理も大切かと思います。 今までは樹脂の強度で良し悪しがありました。 それは昨今の塗料選択もあまりかわってはいませんが、 正直、何年持つかは時間がたってみて初めてわかることで、 施工が悪いと数年ももたなかったり、適当な現場でも、数十年長持ちしたりと、 非常にあいまいでした。 塗料自体が長持ちするものはいくらでもあります。 しかし、何を持って「長持ち」するかはブラックボックスなのです。 きれいで長持ちしても、ひび割れを防がなければ意味がないですし、 耐候性がよくても、カビの侵食が早いとこれまた意味がありません。 塗料には用途があるのです。 屋根には屋根、壁には壁、床なら床の用途があります。 それにあわせるのが選択だと、筒井塗装は思うわけです。 さらに、価格重視とか、汚染防止とか、そういう付加価値がつくわけです。 確かに「塗ってあれば良い」という考え方もありますが、 やっぱり塗装に携わる者としては、こういった細かいところをこだわりたいわけです。 変にこだわって、お客様の希望を聞かないんじゃ、本末転倒ですけどね。 さて、内部的なお話ですが、こういったイラストがとっても便利なのですw 当店のイラストは森野あるじさんに毎回お願いしております。 かわいいイラスト満載です。またあたらしいFLASHアニメも公開中ですので、皆様ぜひごらんください。 当店もイラストをもっと多用して、わかりやすい説明ができるような塗装店を目指します!