茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

[刷毛持て]洗浄シンナーの使い道[科学室がほしい]

2009年3月8日

夕方、刷毛を洗っていて思っていたのですが、刷毛をきれいにするには大量のシンナーが必要なんです。 我々が使う刷毛、これはきれいに洗えば何回でも使える、耐久消費物なんですね。 さすがに漆の塗師が使う刷毛のように、一生物とはいきませんが、刷毛を下ろして、丁寧に使い、きれいに洗えば結構持ちます。 しかし、ここには問題が。 きれいになるまで洗うと、結構な量のシンナーが出ます。 ウエスで先にふき取ったり、シンナーを少量にして細かく洗えば、 節約しながらきれいになるのですが、シンナーも所詮は石油関連商品、 価格が上がった時期などを考えると、 刷毛より高いこともあるので、洗うより使い捨ててしまった方が 安い場合もあります。 しかも、最近の塗料は硬化するのが早かったり、一度硬化すると再融解しない塗料が多いので、 刷毛は一回でダメになってしまいます。 なので、丁寧に洗っているとシンナーがいくらあっても足りません。 このシンナー、洗い終わった液体は、その気になれば塗る時に使うことも出来ますが、 製品時にそういうことをするわけにもいかず、「洗いジャブ」と言うのですが、とっておきます。 まぁ、結局は産廃業者に引き取ってもらうんですが。 今日は刷毛をひたすら洗っていたので、出るシンナーも多かったので、 ずっと眺めていたんです。そいつらを。 顔料が溶けているので、こしても色はついてくるんです。 こしアミで拾おうとしても取れるのはゴミだけ。 通常は圧力をかけて熱して、冷やせばまたきれいなシンナーが 取り出せるはずなんですが、末端のペンキ屋さんがそんな設備もあるわけなく。 昔、手軽に捨てられないか、セメントと混ぜてみたり、ネコ砂に吸着させようとしたり してみたこともありますが、あまり良い結果ではなかったのです。 また、コーヒーのろ紙では、目があっという間に詰まってしまってろ過できません。 これまた困ってます。 漉して、精製する方法をとらずに、きれいにする方法があれば一番理想なんですけどね。 水道の不純物を取り除けるフィルターみたいなものがあれば楽なんですが、 実験に回すには自腹が痛すぎる。20万とかですよ。 そんなわけで、困ったまま刷毛を洗い、掃除を続けて2時間。 全く片付かない倉庫に愕然としました。ちょっと物が多いよこの倉庫! ・・・だれか、汚れたシンナーの再生方法に、実験可能な良い案あったら教えてください。