茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

タッチアップ塗装に入っています。

2008年9月25日

腰とふくらはぎだけ筋肉痛の筒井です。 昨日は、成田空港の新築倉庫の屋根塗装に行っておりました。 関係各位に置かれましては、ご連絡がつかず申し訳ありません。 成田空港の滑走路前。倉庫屋根の塗装、といっても、 新築なので傷のタッチアップです。 そんなわけで、間近に飛行機を見ながら 作業してました。 飛行機がこんな近くに見えるところで作業中。飛行機でかい! あまりに近いので、 敷地自体は違っても、ジェット音や 廃棄の臭いはそのまま来るんです。 場合によっては風圧も。 私は見ていて飽きないのですが、とにかくスケールがでかくて圧倒されます。 貨物倉庫の屋根塗装。その圧倒された屋根 もう仕上段階で、足場がなく、 作業車で昇り降りしているんです。 取り残されること必然のなかで、 ひたすら作業をします。 どんな作業かというと・・・。 こんなもらい錆びを。こんなもらい錆びのタッチアップ塗装 屋根を取り付けるときに、 屋根を切るんですが、 その切子(切りくず)が、 雨に打たれて錆びるんです。 錆びた切子は屋根にくっついてしまい、今度は屋根に錆が移ります。 これをもらい錆びというのですが、そのもらい錆びのタッチアップ塗装です。 写真の状態の屋根を・・・。 こんな風にタッチアップ。こんな風にタッチアップするんです。 筆でぺたぺたと塗っていきます。 錆びているところだけ。 うん、これをひたすら、約12000㎡。 しかも今日中にとりあえず全部。 ちなみに塗っている塗料はフッ素樹脂です。 フッ素の焼付塗装面にタッチアップ用のフッ素樹脂。 同じフッ素だけどくっついているのかしら? まぁ、目的は色あわせなんですけどね。 もう軽く拷問のような作業です。作業自体は楽しいんですが、 折半屋根という三角の屋根なので、足場が悪く、 鉄棒くらいの幅の屋根材に爪先立ちをしながら、 立ったりしゃがんだりを繰り返すので、非常に疲れます。 終わった時には、もう立っていられません。ぐったりしてました。 家に帰ってから横になると、明らかに体の張りが違うんです。 筋肉痛になっていく体を、じっくり味わうというのも、なかなか乙なもんです。いてぇ! 案の定、今日はからだがきしきししていて動くのに苦労します。 運動不足もあるんでしょうけど、屋根塗装もなかなかハードなんですよー。 天気のいい日に、屋根の上にいるととても気持ちの良い季節なんですけどねー。 筒井塗装は今日も気持ちよく仕事しております!