茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

いたって真面目に仕事しているのですが。

2008年5月30日

プロジェクターほしい。仕事用プロジェクターがほしい。 真面目に見積もりをカリカリ作っていると、 だんだん脳が疲れてくるわけです。 普段はEマークのアイコンを押しちゃうところですが、 忙しいとなかなかそんなこともできず。 そういう時の私の一番の息抜きは、仕事の内容を頭に思い浮かべるバーチャルリアリティ労働。 いうなれば空想労働? ・・・そこ、妄想労働とか現実逃避とか言わない! 昨日は、防水塗装の見積もりを作っていたのです。 が、日本語でつまづく。 水の「浸入」だか「進入」だか、それとも「侵入」なんだかよくわかりません。 で、辞書を引けばすぐ解決なのですが、そのまま考え込むのがこの私。 『・・・壁に侵入・・・、普段はなんともなかった平和な外壁に、突如雨水の侵攻部隊が! 次々と材質に浸透する水分、なすすべなく崩壊する無機材質、 肝心のシーリングも、長年の劣化により開いたひび割れから容赦なく入り続ける雨水を、 誰もとめることができない。 この外壁、もはや傷み行く姿をただ呆然と眺めていくしかないのかっ? そこに登場する・・・』 えー、ここからはシナリオが分かれるところでして。 ①このままノンフィクションのように、塗装職人が登場する「プロジェクトX風展開」 ②侵攻する悪の手から、平和を守るヒーローが登場する「宇宙刑事または仮面なんちゃら風展開」 ③あくりがローラー片手に、魔法のペンキで外壁をきれいにしちゃう「昭和魔女っ娘モノ展開」 やべぇ、仕事、超楽しい! ・・・なんていうかもう、ホントね、ちゃんと仕事しているんですよ? でも、冷静に自分を考えると、「脳湧いてるんじゃないのかしら?」と、素で心配になることがあります。 仕様書を組みながら、コーヒーで自分を取り戻す瞬間が、結構好きなのは、 案外こんな風に、ストレスのベクトルを変えているからなのかもしれません。