茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

モルタル内壁の塗装してました。

2008年4月4日

落書きのひどい内装落書き消しの現場 年度末に高校の部室の内装塗装をしておりました。 写真のように・・・、 さすがにすごいなぁ。 自分も高校生の時は・・・部室なかったなぁそういや。 そんなわけで、今思うと部室がある部なり学校っていいなぁと思います。 できれば大切に使って頂きたいですね!! で、今回は落書き消しというより、内装の塗装です。 消すとなるとしみこんだ汚れはなかなか落ちませんが、上塗りできれいにする分には簡単です。 ①まず部屋から出せない塗らない棚を養生します。 塗らないものを養生します。棚、養生中 養生してしまえばざくざく塗ることができます。 その後下地調整として、 ガムテープ類をはがし、 ひび割れなどの補修、ペーパーあてを行います。 ・・・埃の中にカメラ持ち込む勇気がありませんでした。 ②下塗りです。 下塗りで吸込を止め汚れを消します。下塗り中 内装塗料の下塗り材です。 材料は吸込み止めの効果がある塗料を塗ります。 実はこんなところに弊害が。 塗料は吸い込みがある間はくっついているのです。 吸い込みが終わると色を発色します。 これはどういうことかというと、 下塗りをしない方が、重ね塗りの際、色を発色しやすい。 という、裏常識があったりします。 当然、下塗りをしないと脆弱な下地にはくっつきません。 しかしもともと強固な下地には、下塗りをする必要性はあまりないと言い換えることができます。 メーカーでは絶対そういうことをいいませんし、この事に気づいているのは作業する職人だけです。 インターバル(乾燥時間)の取れない環境下では、下塗りが乾かず、上塗りができなかったり、吸い込みがおきないために塗料がすべり、発色ムラになることもあります。 だからといって下塗りをしないと、下地が透けてしまったり(かぶりが悪い)、乾燥後の密着不良(層間剥離)の原因となります。塗装ってホント厄介ですねー。用途に合わせた下塗り材でないといけなかったり、上塗り材料で下塗りを行う「捨て塗り」という工法があったり、知っているか知らないかで作業に差が出てきます。 さて、③上塗り作業を行った後の部屋です。 こちらも内装塗装できれいにします! 塗装後の壁、きれいでしょ!落書きのひどい内装念のため比較写真を。 こんな感じで、きれいになりました。 もう少しかっこいい色があるのですが・・・ 色がこんな感じなのは学校ですから。 そうです、仕様です。 こんな感じの部屋が13部屋ありました。 どれもなかなか落書きがひどくて苦戦しましたが、全部きれいになりました。 落書きも消えてよかったです。 学生さんの「おぉー、超綺麗になってるー!」という声にしてやったりです! 筒井塗装では、室内の塗装や落書き消しのご依頼をお待ちしております!