茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

漆喰への塗装。 ~水性塗料じゃ剥がれます~

2008年2月7日

気温が5℃以下では塗料は感想不良を起こします。ましてや雪なんか降っていますと仕事が出来ません。 おかげさまでこの時期、実測から計算するお見積に加速がつく筒井塗装です。 漆喰への塗装。今、こちらの物件の漆喰部分の塗装工事をさせて頂いております。 これは見積なのですが、漆喰に何かが発生しているようなので、 お見積以前に、状況の解析が必要になっています。 何か、黄色い。 いったいなんでしょうか? 漆喰への塗装2。何かを塗ってしまったようで、 黄色い樹脂のようなものが 乾燥してバリバリになっているようです。 割れ方から言って塩化ビニール系ベースの塗料と塗ったようなのですが、 ぼろぼろで漆喰の層が出てきています。 それよか漆喰まで取れかかっているので、余りきれいとはいいにくいです。 漆喰の塗替えも出来ますが、漆喰そのものに塗装は出来ます。 しかし通常の水性塗料は、下塗り材を行っても剥離しますので、やってはいけません。 漆喰への塗装の考え方は「塗料を食いつかせる」か「下地の吸い込みを止め、固める」方法になります。 前者の方法としては「非水エマルション型アクリル塗料」を直に塗る方法、 後者の方法としては「浸透性のエポキシシーラー」で吸い込みを止め、上塗に樹脂塗料を塗る方法、 とがあります。 当然、きれいにはなりますが、前者は吸い込みが激しいと限界があり、後者の場合は漆喰の通気性を殺しかねないので、美観の維持という観点から施工を考えます。 施工はまだ行っていませんが、塗装後の写真と比較できるようにしたいと思います。 塗料は塗っていれば良い、という考えの時もありますし、美観の維持、耐久性の追及、その他の機能・・・といった、さまざまな理由を考え、それでいてお客様の満足の行く金額にすり合わせる、という計算が必要なので、なかなか難しく、 「見積くらいすぐ出せないのか?」 といわれるお客様に対応したいのは山々ですが、 いろんな事象を考えるため、今すぐ金額をご提示、なんてことが出来ないのが、 本来の工事のお見積だと思っています。 お客様のご要望に答えられるよう出来るかぎり頑張りますので、筒井塗装にご用命の際は、 良いものをご提供する気持ちでおりますので、 どうかいくばくかお待ち頂けると幸いです。