茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

平常心にて不陸を研磨。

2008年1月20日

更新滞っておりました。 ここ一週間、個人としても会社としても、いろんなことが起きました。 どんな仕事でもそうなのですが、我々塗装の仕事も、特に精神的に安定していないと良い仕事が出来ません。 お客様に満足していただくためには、提供する我々が落ち着いていなくてはいけないと真に思いました。 筒井塗装はこれからも頑張りますー! さて、今回は、床のPタイルを撤去したあとの防塵塗装です。 また難しい塗料の問題を解決するべく出動です。 床 不陸部 研磨前。Pタイル撤去後の床。 Pタイルという、床材は接着剤でくっついています。 当然、撤去しても接着剤は残ります。 実はこの接着剤、凹凸がひどく、 材料によっては塗料はにじむ現象がおきます。 解決方法としては、 問題のある部分を削り取ってしまうか、 にじみ止め用塗料で処理するかなのですが、 凹凸は削るしかありません。 仕方ないので、部屋の中を養生し、ダイヤモンドホイールで研磨します。 ・・・埃の影響でカメラがダメになりましたが・・・。 床 不陸部 研磨後。床の研磨後。 ここまで削れればだいぶ違うのですが、それでも、 接着剤がついた床はにじみ現象が出る可能性があります。 個々まで床を削ることは難しくないのですが、 ホイールの当て方が間違えると、床がボコボコになってしまいます。 塗装の前処理、できるかぎり丁寧に処理したいものです。 この床の続きはまた後ほど。