茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

海はいいねぇ。

2008年1月3日

茨城は大洋の海。茨城の海から。 建築物や工場、風景などを観に行くのが好きな私は今日は海に来ています。 まぁ、家を出るのが遅かったため、 海についているのが午後だったのですが。 今日はよく晴れていて、人出も多かったです。 日の出を観なかったから、せめて日の入りでもみてくかー。 ともちゃん「太平洋側じゃ日の入りはみられないんじゃないの?」 あ、そうかー。日本海側だよなー、西に沈むんだからなー・・・。? !じゃあ西に海があればいいんだ? ともちゃん「日本海に行くのだけはやめてください。」 いやいやいや、あるじゃないですか!西側に海があるところ!! そんなわけで千葉の犬吠崎まで足を伸ばしました。 いつの間にか犬吠崎の海。犬吠崎の海岸沿い ドライブはずいぶん来ているのですが、 海は気持ちがいいですね。 海の見える街に住みたいなーなどと、 高校生くらいから思っているわけです。 なんか、青春って感じしません? 鉄も錆びやすいので、仕事いっぱいありそうですし(笑) で、日の入りを観に、銚子漁港のほうまでいくと、マリーナになっていて、公園っぽく、リアス式海岸も一望できるすごくきれいなところにつきます。 ここは日本の先っぽなので、どっちを観ても海なんです! つまり太平洋にいて、日の入りが見える! ・・・厳密にいったら、南西なら日の入りは見えるので、 太平洋でも普通に日の入りは見えるのですけどね。 銚子港での日の入り。こんな感じで日の入りを眺めています。 同じ赤でも、朱色と違い、 茜色と呼ばれる趣きある色は、 時間の経過につれ、赤さを纏って、 光り輝きます。 同じ時間がゆっくり流れる気分ですが、 太陽はみるみる海に吸い込まれていきます。 Nice Boat.少しでも観ていたくて埠頭にでます。 太陽が海に沈むと急速に光を失い、 東の空から夜がやってきます。 このみるみる間に光を失い、 闇に変わる瞬間の色というものは、 絶対に塗料には出せない色なので、 不思議な感じがします。 この影は、自分が闇の飲まれるのではなく、自分が闇に溶けて行く感じで、 怖いような、自分が再確認できるような、そんな不思議な空間です。 また、二度と同じ色や形に見れないものは、 私の関わる塗料や塗装の世界とは少し違うので、とても興味深く感じます。 この風景に合う色は?この建物に合う色は? という、仕事と絡めながら、何かを探しながら面白いものを見つけるドライブは、 とても楽しい時間です。 今年も仕事、頑張っていきたいと思います! 目を瞑る武蔵。PS:今日の武蔵。 「にーさんは難しい話してるけど、 あんまり考えてないですよ?」 う、なんだよその反抗的な目は。 「別にー。」 なんか、あの女優っぽい(笑)