茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

心の色。

2007年10月3日

ペイントバーこのカクテルはサービスだからまずは飲んで落ち着い(ry モテたいがためにカクテルを覚えたという微笑ましい過去が、 今になってコミュニケーションの一つであることに改めて気づくことがあります。 カクテルもおいしい味を作り出すことは当然なのですが、 組み合わせが良くてもきれいな色にならないことがあります。 頼む人の気分に合わないものは出せないのは当然ですが、 作る人の心の乱れでおいしいカクテルが出来ないこともしばしば。 当然一度失敗してしまうと直らないのが、カクテル。 よい組み合わせは色もきれいです。 そしておいしい。 塗料も良い作業によって良い塗膜ができる。良い塗膜はきれいで長持ちする。 当たり前がむずかしい。しみじみします。 アイドル歌手の「嵐」の歌う「アオゾラペダル」(作詞作曲スガシカオ)に 「塗りすぎた色って白に戻れない」 「僕らはキレイな色をぬりすぎたみたい」 とありますが、塗料も人の心も、だんだんと色が濁ってしまうことがあります。 鮮やかな色を出すあまり、バランスが悪いこともあります。 出来るだけそうならないように・・・なってしまってもそれが自分であることを証明するように、生きていきたいものです。 というのは。 ・・・まぁ、それは、それ。 乾いてしまえば、新しい白を塗って、きれいにすることが出来るのが塗料の良いところ。 カクテルも飲み干して次の一杯に思いを馳せるのも一興。 時間がたてば、嫌な思い出も、良い経験だったなと思えるようになるのも、心の強さ。 人間も物も、壊れなければある程度やり直しが利くものです。 まぁ、それを耐える時期が一番つらいのかもしれませんけどね。 ・・・経済雑誌の「平均給与額ランキング」ってあれホントに当たってるんですか?orz 以上、ちょっと(意訳:だいぶ)ショックで、凹んでいる経済学を専攻した青年の主張でした(笑)