茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

お客様のイメージを実際に作る調色。

2007年8月15日

調色塗装作業中。調色してイメージ色を作っています お客様から、「この色がいい」「こんな感じがいい」と言われることはよくあります。 塗装する色というものは、出来上がっているものではないので、現地調色することもあります。 作った色をメーカー発注する、と言うこともできますし、カタログからお選び下さっても結構です。 色見本はとても小さく、参考にならないと言う話をよくききます。 私達も「この色がよいと思います」といっても、提案力としてはイメージがわきにくいです。 最近ではカラーシュミレーションもありますが、色のイメージと言う意味では、想像はできますがぴったりの色にはなりません。 そこで調色作業をして、一番いい色も見つけてもらいます。 調色はベース白に、黄、黒、紺、赤錆の原色を使うと、大体の色が作れます。 たまに原色違いで出ない色もありますが、まずほとんどの色を出すことができます。 でもこれ、色を合わせるとなるとかなり難しく、色がぴったりあっても量が足りなかったり、なかなか色が合わなかったり。 私も下げ缶一杯を作るはずが一斗缶一杯できちゃったりと、悲しい目にあったりします。 こればっかりは腕とセンスなんですよね。 また、乾燥すると色が濃くなる(色ののぼりと言います)現象もあるので、作る色はほとんど勘が頼りです。 それだって、熟練技術が必要になるんですねー。 最近はコンピュータ調色なのであまり現地調色をしないことも増えましたが、こういうことも勉強しなくてはいけないとしみじみしてます。・・・あ、技能士試験の学科がそろそろだw