茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

落書きフォーマットの罪悪感。~せつなさ無限大~

2007年7月19日

落書き消し、承ります。とうたいはじめて早8ヶ月、いろんなところから声をかけて頂いて感謝です。ありがとうございます。 きれいに落ちる物件、なかなかきれいにならない物件さまざまですが、おかげさまで大変喜ばれております。施主様に。 今回も床石畳に落書きされた物件へ行ってきました。 石畳の落書き。 こんな感じで、石畳の上に落書きがされておりました。 それはそれは恋する二人の思い出の1ページなのでしょう。 ・・・できれば公共物でない、自分のものに描いていただきたいものです。 やはり、みんなのものを自分勝手な使い方をしてはいけません。 若気の至りといいましょうか・・・自分が段々おっさんくさく思えるので、私事はほどほどに。 で、落書き消しを開始するわけですよ。 落書き消しの最中。 薬品をかけては、石畳なので親のカタキのような勢いでこすります。 石畳や無機材質に落書きをされた場合って、表層の落書きは落ちますが、素材にしみこんだ材料は、薬品に溶け出さないので残ってしまう場合が多いんですよね。そんなわけで表層の石を磨きだすつもりで、消していきます。 しかし、消しているうちに、段々寂しい思いが! 「夜親の目を盗んで飛び出し、何とか落ち合うも、 金もおしゃれなところもない、片田舎にあるものは 湖沿いの公園のモニュメント。 二人並んで座って話しているうちに沈黙が。 ふと、もっていたかばんの中にサインペンを取り出し、 落書きをして・・・このようなコメントをしたのだろうなぁ。」 ↑落書き消しをしながら妄想中の勤務中の私。 そんな思い出のつまったものを、容赦なく消しまくる私。 ・・・ごめんよ!これは私の意志じゃないんだ(段々と輪郭がぼやけ消えていくコメントに語る私) や、私には・・消さなければいけない使命が・・・。 最初に持っていた「消えてなくなってしまえー」という使命感と「だめだ!俺には消せない!」という罪悪感で段々悲しい気持ちになってしまいました。・・・しっかり消しましたけどね? 落書き消し後。こんな感じで。 やはり吸い込みが起きたところはきれいにはならないのですが、とりあえず落書きは大部分がきれいになったので、お仕事終了です。 落書きも美的センスあふれるものだといいんですけどねー。 また、落書きを容認するスペースがあってもいいような気がしますね。 よく、恋人岬など、南京錠がいっぱいあったり、落書きスペースがあったり、案外「落書きをされる」場所って、人が少ないわけではないんですよね。 かえって落書きをしてもよい空間を作るという発想も、色や絵を楽しむ、という発想のひとつだと思います。 汚くなったらまたきれいに塗ればいいわけですしね。落書きしてもよい場所を売り込む、なんてことをやれたら面白いと思うのですが。 落書き消しや、きれいにするなら筒井塗装が一肌脱ぎますから! 落書き消しをする作業員は、せつなさいっぱいで作業をしております。