茨城県土浦市|筒井塗装|屋根塗装、外壁塗装、土浦・つくばでのお家の塗替えは筒井塗装へ

駐車場天井の塗装を行っています。

2007年7月4日

梅雨時、なかなか天気がよくなくて、塗装できないでいますが、雨の影響を受けなければ問題ありません。そんなわけで住宅ビルの一階駐車場の天井塗装にきております。 天井の塗装 埃と錆天井を簡易的なウォーターブラストしています。 錆と埃がいっぱいの鉄骨の下地処理なんですが、 まずケレン作業をするか、 清掃をするか、 で悩んでいましたが、こんな方法でやってみました。 デッキプレート塗装 埃と錆。 作業前の砂っぽい天井です。 天井のデッキプレートが、すごく錆びているんです。 錆びてるだけならケレンすればよいだけなんですが、問題は砂埃とデッキプレートの形状。これが凹凸で、機械ケレンにむきません。当然手ケレンではあまり落ちません。 また、砂埃がひどく、ブロアーで飛ばすと埃だらけになって、あんまり効率がいいとはいえません。 だからといって掃除機をまわしながら、じゃ何日たっても終わらない。 じゃあ、洗浄かけちゃおうか?という結論に至りました。 しかし、洗浄にもいろいろありまして、本来、洗浄をしてから清掃(又はケレン作業)になる工程なのです。 ケレンしてから水をかけたらまた錆びちゃいますからね。 でも、作業としてはケレンした後のごみを、洗い流せれば作業にロスがないわけです。洗浄さえしてきれいになれば塗料は乗りますからね。 でも、それをやってたら、技術屋としての名が廃る! そんなわけで、楽に、ケレンと埃落としができる方法はないかと考え付いたのは、ウォーターブラスト。 ・・・職人さんが、水で削りだしたほうが早い。と言ったので、そうすることにしました。 普通のウォーターブラストは1000~1500kくらいで削りますが、住宅塗装に使われる洗浄機はせいぜい150k止まり。 それにトルネードと言われる水の出口を絞って、渦巻き状に発射するアタッチメントをつけます。 表面圧力は1.5倍~2倍程度になるそうです。 これで洗浄すれば、錆びや傷んだ塗膜は取れてしまいます。 取れないものは、下地と密着しているわけですから、そのまま「下地」と捉えられることができますので、清掃とケレンが一度にいけます。 で、洗浄し終わったところがこちら 簡易ウォーターブラスト後。埃も浮き錆もきれいにとれます。(写真じゃわかりにくーい。) 当然、乾いて塗るときにはまた目荒らしはしなきゃいけませんけど、下地処理にかける時間がずいぶん圧縮できます。 ウォーターブラストと言うほどのものではありませんが、通常の洗浄よりははるかにきれいになりますし、素面まで磨きだしてくれるので、かなり便利で、ペンキ屋さん同士では、重宝しているノズルです。 これが乾かしたら錆止の塗装に入りますので、またの中継をお楽しみにー。